ISAは、エルサルバドルで行われるオリンピック最終予選が、開催に向けて準備が進んでいることを発表

会場の1つとなるエルスンザル Photo: ISA / Ben Reed

2021年5月13日、カリフォルニア州ラホーヤ – 国際サーフィン連盟(ISA)は本日、2021年サーフシティ・エルサルバドルISAワールドサーフィンゲームスが、エルサルバドルのエル・スンザルとラ・ボカナの2カ所で5月29日から6月6日まで開催される予定で、順調に進んでいることを再確認した。

 

この大会は、2020東京五輪に向けたサーフィンの最終予選であり、女子7枠、男子5枠の計12枠が決定することになります。東京2020大会に出場する40名のサーファーのうち28名は、「2019 World Surf League Championship Tour」、「2019 ISA World Surfing Games」、「Lima 2019 Pan American Games」を通じて、すでに暫定的な出場資格を得ています。

 

事務局長のロバート・ファスロ氏が率いるISA代表団が、4月末に現地を訪れ、主催者やサルバドールの観光、健康、セキュリティのリーダーと会い、イベントの計画と強力な健康とバイオセーフティ計画の実施を進めました。

 

健康とバイオセーフティのプロトコルはこちらをご覧ください。

 

ワールド・サーフィン・ゲームスには、世界50カ国以上の国から、自国を代表してオリンピック出場枠を争うアスリートが参加する予定です。

 

 

ISA会長のフェルナンド・アゲレは次のように述べています。

 

「ついにオリンピック出場サーファーの最終選考の時が来ました。世界的に厳しい時期が続いていましたが、トンネルの終わりに光が見えてきました。World Surfing Gamesと東京2020に向けて、私たちは全力で走っています。

 

今大会の閉会式は特に特別なものになるでしょう。クオリファイしたサーファーたちを集め、史上初のオリンピックサーファーになるための成功した努力を認め、称えるのです。この歴史的な偉業は、彼らにとって永遠に残るものです。

 

私たちは、私たちのチームとエルサルバドル政府が、健康とバイオセーフティ計画の実施に向けて進めてきたことに大変満足しています。私たちは、イベントに参加するすべての人にとって安全な環境を整えるために、社内外の健康の専門家と相談してきました。

 

世界最高のナショナル・サーフィン・チームを迎え、世界のサーファー・コミュニティを再び平和に結びつけることを楽しみにしています。」

 

 

https://www.isasurf.org/2021-surf-city-el-salvador-isa-world-surfing-games-on-track-to-qualify-final-12-slots-for-tokyo-2020/

 

 

男女6名のサーフィン日本代表選手「波乗りジャパン」

 

 

2020年11月1日から3日まで、千葉県一宮町釣ヶ崎海岸のオリンピック会場で開催された「第2回ジャパンオープンオブサーフィン」で、このエルサルバドルで開催されるオリンピック最終選考会に出場する男女6名のサーフィン日本代表選手「波乗りジャパン」が確定している。

 

男子は昨年のISA宮崎大会と同じカノア、村上舜、大原洋人、女子は前回出場の松田と前田に加え、都筑有夢路が出場する。

 


<男子>
五十嵐 カノア/カリフォルニア出身/1997年10月1日生
大原 洋人/千葉県出身/1996年11月14日生
村上 舜/神奈川県出身/1997年3月3日生

<女子>
都筑 有夢路/埼玉県出身/2001年4月5日生
前田 マヒナ/ハワイ出身/1998年2月15日生
松田 詩野/神奈川県出身/2002年8月13日生
※敬称略・五十音順

 

 

オリンピック日本代表選考について

 

 

 

オリンピックには男女各20名が参加できる。
各国、最大で2名ずつ。

選出する優先順位は

1、2019年のWSLのCT
2、2021年のワールドサーフィンゲーム
3、2019年のワールドサーフィンゲーム

以上の条件で、男子は五十嵐カノアが、今年2021年5月のISA世界選手権(開催地:エルサルバドル、2021年5月29日〜6月6日)に出場することで確定となる。

 

 

東京オリンピック・サーフィン日本代表枠は男子2名女子2名。

 

カノアが確定という意味では男子は残り一枠。現段階でもう一人の内定は村上舜。しかし、もし2021年5月のISA世界選手権で、今回出場権を得た大原洋人が男子全体順位5位に入れば、村上の代わりに代表。ある意味で村上と大原は波乗りジャパン同士で最後の一枠を取り合うことになる。

 

女子は昨年の宮崎で獲得したアジア枠で、松田詩野が条件付きの内定。2021年のISA世界選手権で都筑もしくは前田マヒナのどちらかが女子7位以内に入れば、松田とその選手が代表になれる。

 

しかし、松田が敗れ、都筑と前田の2名がこの上位7名に入った場合、2021年のISAが優先されるため、その2名にオリンピック出場権が与えられる。一方で、都筑と前田の2名が7位までに入らなければ、日本の女子の出場枠は1名となり、松田詩野のみの出場となる。日本としては2枠を獲得したいところだ。