コロヘ・アンディーノが、オーストラリアのCTレッグ全戦を足首の怪我を理由に棄権することが決定

Kolohe Andino

 

ワールドサーフリーグは、CTサーファーのコロヘ・アンディーノが怪我のため、チャンピオンシップ・ツアーのオーストラリア・レッグを棄権したことを発表した。

 

長年CTで活躍し、東京オリンピックのアメリカ代表でもあるアンディーノは、2月に高位足関節捻挫を負い、今週初めにオーストラリアで義務づけられた14日間のホテル検疫から解放された後、更に症状が悪化。アンディーノは、ニューカッスル、ナラビーン、マーガレットリバー、ロットネスト島など、今後4つのCTイベントを棄権することとなった。

 

 

「今日、このようなメッセージを送らなければならないのは残念ですが、私は正式にWSLチャンピオンシップ・ツアーのオーストラリア4大会を辞退します」とアンディーノが正式に発表。

 

「2月のバレンタインデー・スウェルのとき、ハワイでトレーニングをしていて、足首を捻挫してしまい、次のCTイベントに間に合うように治したいと思っていました。オーストラリアに来たのは、検疫を受けて次のCTイベントに間に合うと思っていたんです。」

 

 

「でも残念ながら、検疫後の数日間のテストで再び負傷してしまい、アメリカの医師と相談した結果、出場を辞退してオーストラリア後のイベントに備えることにしました」とコメント。「辛いことですが、皆さんのサポートに感謝し、できるだけ早く海に戻れるようにしたいと思います。オーストラリアで戦うみんなを応援しています。」

 

 

アンディーノのリプレイス・サーファーとして、現在オーストラリア/オセアニアQSランキングで最上位のサーファーであるマット・バンティングがオーストラリアで行われるCTイベントに出場することとなった。

 

https://www.worldsurfleague.com/posts/464571/kolohe-andino-withdraws-australian-ct-events