安室丈がISAジュニアで3年連続の表彰台。野中美波と脇田紗良も2年連続。アメリカ3度目の金メダル

団体3位で銅メダルを獲得した波乗りジャパン

2019年11月3日、アメリカ・カリフォルニア州ハンティントンビーチ-カリフォルニアのハンティントンビーチで開催された「VISSLA ISAワールド・ジュニア・サーフィン・チャンピオンシップ」が終了

 

USA Reclaims Team Gold at 2019 VISSLA ISA World Juniors

 

44か国のアンダー18のトップサーファー342名による8日間に渡る戦いで、2019 VISSLA ISA世界ジュニアサーフィン選手権で団体で金メダルを獲得したのはチームUSAだった。

 

団体優勝のチームUSA Photo: ISA / Naslo Bustamante
ディミトリ・プーロス(USA)Photo:ISA / Sean Evans

 

優勝したチームUSAは、男子U-18でのィミトリ・プーロスが金メダルをはじめ、5つの個人メダルを獲得。圧倒的な強さを見せ、イベント史上3度目となる(2015年、2017年、2019年)金メダルを手中に収めた。

 

チームハワイは第2位で銀メダルを獲得、男子U-16のジャクソン・バンチと女子U-18のガブリエラ・ブライアンの個人の金メダル獲得でチームを2位のポジションまで引き上げた。

 

ドイツのノア・リア・クラップは、ダブルエントリーで2部門で表彰台。U-16でゴールドメダルを獲得し、その数分後にガールズU-18でブロンズを獲得した。
U18優勝のハワイのガブリエラ・ブライアン Photo: ISA / Ben Reed
U16優勝ハワイのジャクソン・バンチ Photo: ISA / Ben Reed

波乗りジャパン選手コメント。

 

第3位で銅メダルを獲得した日本は、女子U-18で野中美波が銀メダル、脇田紗良が4位で銅メダルを獲得。2年連続表彰台に上がる大健闘を見せ、男子U-18では安室丈が4位で銅メダルを獲得。3年連続でのメダル獲得という偉業を達成した。

 

 

「ISAワールドジュニア 2番でした。今年最後のジュニアだったので優勝したい気持ちでいっぱいで、すごい悔しいです。中学2年生から世界ジュニアに出始めてから5年間この試合に出てきました。1年目はファイナルには程遠いい結果で、2、3年目は5位、7位という結果でした。

 

その中で去年、今年と連続でファイナルにいけたことは自分の中で成長できたなと思います。これからもどんどん成長できるように頑張ります!夜中の試合の時でもライブで応援してくれた人、いつも応援してくれてる皆さんありがとうございました。」と野中美波がSNSでコメント

 

 

「ISA世界ジュニアで個人4位、団体銅メダル、アロハカップ銅メダルでした。敗者復活戦から復活して2年連続決勝に行けたのでよかったです。でも自分が目指してた結果ではなかったので悔しいです。この数日間チームジャパンのみんなと一緒に戦って勇気をもらえたし、チームのみんなからいろんなことを学べました。みんなありがとう だいすき」と脇田紗良がSNSでコメント。

 

 

「ISAワールドジュニア 4位でした。今年最後のISAジュニアだったので優勝したかったです。いつも応援してくれている方々今回お世話になったコーチの皆さんにすごく感謝しています。チームジャパンのみんなありがとう!」と安室丈がSNSでコメント

 

「今年の世界戦もチームキャプテンをやっていて、いい結果は出なかったけど、この最高なチームでいけてよかったです。初めて出た日向の時や2回目のカリフォルニアの時で最高の結果と自信がついたことはこれからの人生の中でいい経験をしたと思います!支えてくれたコーチやスタッフの皆さん応援してくださってる皆さんありがとうございました!これからももっともっと上を目指して頑張ります!せーっにっぽん」と上山 キアヌ 久里朱がSNSでコメント。

 

「個人は5位でフィニッシュしました!優勝を目指してたので悔しかったけど毎ヒート集中出来て学びながら、波乗りジャパンのチームとスタッフやコーチと一緒に濃い10日間を過ごせました!チームの皆、家族、友達、スポンサーの方々ありがとうございました」と松田詩野がSNSでコメント。


チーム・ランキング:
優勝-USA
2位-ハワイ
3位-ジャパン
4位-スペイン
5-フランス
6-オーストラリア
7-ポルトガル
8-ドイツ
9-サウス・アフリカ
10-カナダ

 


ガールU-16:
優勝-ノア・リア・クラップ(GER)
2位-ゾーイ・ベネデット(USA)
3位-ベティ・ルー・サクラ・ジョンソン(HAW)
4位-ケイトリン・シマーズ(USA)


ボーイズU-16:
優勝-ジャクソン・バンチ(HAW)
2位-タジ・リンドブラート(USA)
3位-アフォンソ・アンツネス(POR)
4位-ライアン・ハッカビー(USA)


ガールU-18:
優勝-ガブリエラ・ブライアン(HAW)
2位ー野中美波(JPN)
3位-ノア・リア・クラップ(GER)
4位-
脇田紗良(JPN)


ボーイズU-18:
優勝-ディミトリ・プーラス(USA)
2位-アラン・クレランド(MEX)
3位-トミー・コールマン(USA)
4位-
安室丈(JPN)

 

 

<NAMINORI JAPAN ナショナルチーム結果>

BOYS U18 安室 丈 4位/ 上山 キアヌ 久里朱15位 / 金澤 呂偉33位

BOYS U16 松原 渚生6位 / 岩見 天獅8位 / 矢作 紋乃丞21位

GIRLS U18 野中 美波2位 / 脇田 紗良4位 / 松田 詩野5位

GIRLS U16 中塩 佳那 9位/ 松岡 亜音61位 / 都築 虹帆19位

 

トップコーチ Wade Sharp

コーチ 吉永 修

マネージャー 宗像 富次郎

サブマネージャー 井本 公文

マネジメントスタッフ 大石 純也

通 訳 宮部 周作

ドクター 湯澤 斎

 

ライブ中継、詳細スケジュールなどは、大会オフィシャルサイトにてご確認ください。

https://isasurf.org/juniors/2019/en/