ミック・ファニング引退試合のファースト・ヒートを勝ち上がる。カノア五十嵐はR2敗退。

ラウンドアップを決めたファニング WSL / Kelly Cestari

ベルズ・ビーチ、ビクトリア/AUS(2018年3月31日土曜日)WSLチャンピオンシップ・ツアー第2戦「リップ・カール・プロ・ベルズ・ビーチ」大会2日目は、メインステージであるベルズ・ビーチの5-8フィートのコンディションで再開。本日は男子のラウンド1のヒート9から開始し、男子ラウンド2、女子のラウンド2までが終了。長い一日となった。

 

 

本日は、3xワールドチャンピオンであるミック・ファニング引退試合のファースト・ヒートに注目が集まり多くのギャラリーがファニングのヒートを見守った。4度のリップ・カール・プロ・ベルズ・ビーチ・イベント勝者であるファニングは、ヒート12でセバスチャン・ジーツ(HAW)と2018CTルーキーのジェシー・メンデス(BRA)と対戦。

 

多くのファンがミックの周りを埋め尽くす。(C) WSL / Sloane
多くのファンがミックの周りを埋め尽くす。(C) WSL / Sloane

 

それはベルズにおける彼の最も優れたパフォーマンスでなかったが、ファニングはラウンド3へと勝ち進んだ。「このベルズでこれほど多くのサポートを受け、家族や友人たちが周りにいることは素晴らしいことだね。」と、ファニングは言った。

 

「このヒートを勝ち上がれてストークしている。それは確かに自分のベストでなかったが、今のところ、それで十分だね。良いパフォーマンスを試合全体を通して見せたい。そして、そのフォームを続けたいと思っている。自分の結果に関係なく、僕は自分が旅する最も特別な場所の1つであるベルズに居られることが最高だと思っています。」

 

カノア五十嵐 WSL / Kelly Cestari
カノア五十嵐 WSL / Kelly Cestari

 

 

ラウンド1でベテランのジョエル・パーキンソンとルーキーのウェイド・カーマイケルというパワフル・サーファーと戦ったカノア五十嵐。そのヒートは、ベルズでの経験豊富なパーコが、素晴らしいマニューバーを描き圧勝。カノアもクリーンでスムースなサーフィンを見せたが、ラウンド2を強いられた。

 

ベテランのパフォーマンスを見せたジョエル・パーキンソンWSL / Kelly Cestari
ベテランのパフォーマンスを見せたジョエル・パーキンソンWSL / Kelly Cestari

 

続けて行われた敗者復活のラウンド2で カノア五十嵐は、パット・グダスカスと対戦。ノン・プライオリティで先手を打ったのはカノア五十嵐。サイズのある波にチャージしたが、テイクオフ・ポジションが奥過ぎて何もできずに終了。ここから試合はパットがリズムを掴んだ。優先権を持って波を吟味し、カノア五十嵐が得意のレイバック・スラッシュを逆に決められ、7.73をスコアされる。

 

 

パトリック・グダスカス WSL / Ed Sloane
2013年にCTから落ちたパトリック・グダスカスは今年再び復活。 WSL / Ed Sloane

 

完全にリズムが狂ったカノアは、ウェイブ・セレクションで後手に回り、ヒート終盤にカノアらしいレイバック・スラッシュとブローテール・スライドをコンビネーションさせて7.40をスコアするもそこまで。日本人選手として挑んだチャンピオンシップ・ツアー第2戦は25位でフィニッシュとなった。

 

 

ワイルドカードのコビー・エンライト(AUS)PHOTO: © WSL / Sloane
ワイルドカードのコビー・エンライト(AUS)PHOTO: © WSL / Sloane

女子のラウンド2では、ワイルドカードのコビー・エンライト(AUS)が、2017年のワールド・タイトル・コンテンダーであったサリー・フィッツギボンズ(AUS)に対する大金星をあげる番狂わせを引き起こした。

キャロライン・マークス
キャロライン・マークス

また今シーズン最年少でCTクオリファイを決めたアメリカのキャロライン・マークスが、開幕戦で2位となったキーリー・アンドリューを下す番狂わせを引き起こした。

 

「ベルズ・ビーチで初めてサーフィンをしました。大好きな場所です。 スナッパーの後にここに直ぐ来て、たくさんサーフィンをしたので、トリッキー・ウェイブを少し理解できたみたいです

 

マーク・オクルーポとボビー・マルティネスのクリップを見てきました。彼らはベルズで最高のグーフィーフッターの2人です。彼らが、この場所でどのようにサーフィンするかを見るのは本当にインスパイヤされます。スナッパーで本当に良いスタートを切れました。それは私に多くの自信を与えてくれたし、ラウンド2のヒートがそれを確信に変えてくれました。」

 

 

For more information, check out

http://www.worldsurfleague.com/events/2018/mct/2671/rip-curl-pro-bells-beach

 

Rip Curl Pro Bells Beach Remaining Round 1 Results:
Heat 9: Kolohe Andino (USA) 11.63, Willian Cardoso (BRA) 11.53, Frederico Morais (PRT) 10.26
Heat 10: Adrian Buchan (AUS) 12.00, Connor O’Leary (AUS) 8.40, Michael Rodrigues (BRA) 7.53
Heat 11: Joel Parkinson (AUS) 12.33, Wade Carmichael (AUS) 9.90, Kanoa Igarashi (JPN) 8.50
Heat 12: Mick Fanning (AUS) 13.03,  Jesse Mendes (BRA) 11.27 , Sebastian Zietz (HAW) 10.70

Rip Curl Pro Bells Beach Round 2 Results:
Heat 1: Filipe Toledo (BRA) 9.50 def. Carl Wright (AUS) 8.33
Heat 2: Adriano de Souza (BRA) 11.57 def. Mikey McDonagh (AUS) 8.87
Heat 3: Sebastian Zietz (HAW) 15.17 def. Ian Gouveia (BRA) 9.43
Heat 4: Patrick Gudauskas (USA) 14.33 def. Kanoa Igarashi (JPN) 11.03
Heat 5: Ezekiel Lau (HAW) 11.43 def. Connor O’Leary (AUS) 10.00
Heat 6: Frederico Morais (PRT) 7.73 def. Michael February (ZAF) 6.43
Heat 7: Jeremy Flores (FRA)11.60 def. Keanu Asing (HAW) 9.84
Heat 8: Conner Coffin (USA) 13.74 def. Yago Dora (BRA) 13.64
Heat 9: Willian Cardoso (BRA) 13.36 def. Caio Ibelli (BRA) 11.33
Heat 10: Italo Ferreira (BRA) 13.83 def. Michael Rodrigues (BRA) 9.73
Heat 11: Wade Carmichael (AUS) 14.00 def. Tomas Hermes (BRA) 11.70
Heat 12: Jesse Mendes (BRA) 14.26 def. Joan Duru (FRA) 12.80

Rip Curl Pro Bells Beach Round 3 Matchups:
Heat 1: Jordy Smith (ZAF) vs. Wade Carmichael (AUS)
Heat 2: Kolohe Andino (USA) vs. Michel Bourez (PYF)
Heat 3: Owen Wright (AUS) vs. Jesse Mendes (BRA)
Heat 4: Matt Wilkinson (AUS) vs. Griffin Colapinto (USA)
Heat 5: Mick Fanning (AUS) vs. Sebastian Zietz (HAW)
Heat 6: Julian Wilson (AUS) vs. Patrick Gudauskas (USA)
Heat 7: John John Florence (HAW) vs. Ezekiel Lau (HAW)
Heat 8: Joel Parkinson (AUS) vs. Frederico Morais (PRT)
Heat 9: Adriano de Souza (BRA) vs. Conner Coffin (USA)
Heat 10: Filipe Toledo (BRA) vs. Italo Ferreira (BRA)
Heat 11: Adrian Buchan (AUS) vs. Jeremy Flores (FRA)
Heat 12: Gabriel Medina (BRA) vs. Willian Cardoso (BRA)

Rip Curl Women’s Pro Bells Beach Round 2 Results:
Heat 1: Caroline Marks (USA) 13.66 def. Keely Andrew (AUS) 8.50
Heat 2: Sage Erickson (USA) 14.14 def. Bronte Macaulay (AUS) 10.93
Heat 3: Kobie Enright (AUS) 11.60 def. Sally Fitzgibbons (AUS) 11.34
Heat 4: Stephanie Gilmore (AUS) 15.03 def. Paige Hareb (NZL) 12.36
Heat 5: Nikki Van Dijk (AUS) 13.83 def. Macy Callaghan (AUS) 10.50
Heat 6: Tatiana Weston-Webb (HAW) 14.93 def. Malia Manuel (HAW) 13.93

Rip Curl Women’s Pro Bells Beach Round 3 Matchups:
Heat 1: Carissa Moore (HAW), Nikki Van Dijk (AUS), Kobe Enright (AUS)
Heat 2: Tyler Wright (AUS), Tatiana Weston-Webb (HAW), Silvana Lima (BRA)
Heat 3: Lakey Peterson (USA), Sage Erickson (USA), Caroline Marks (USA)
Heat 4: Stephanie Gilmore (AUS), Johanne Defay (FRA), Coco Ho (HAW)

For more information, check out WorldSurfLeague.com.