松岡慧斗の11ポイント・ライドがサーフラインが開催する1月のWave of the winterにエントリー。

 

世界最大の波情報サイトである「サーフライン」が開催するWOTW(「O’Neill Wave of the Winter powered by Surfline」)は、11月からの4ヶ月のウインターシーズンにおいて、ハワイのオアフ島ノースショアで、シングル・ベスト・ウェイブをメイクしたナンバー1サーファーを決定するビデオ・コンテスト。

 

 

 

そんなWOTWで現地ハワイ時間1月12日に行われた「Da Hui Backdoor Shootout」に於いて11ポイントをマークした松岡慧斗の神風ライドがエントリー。また1月3日にパイプラインで撮影された脇田泰地のライディングも同じくエントリーされている。

 

毎年行われているこのイベントのジャッジ・パネルには、ジェリー・ロペス、パンチョ・サリヴァン、シェーン・ドリアン、ショーン・ブライリーといったレジェンドたちが顔を揃え、彼らが毎月のトップ・ライドをセレクト。

 

そして、そのライドが自動的にシーズンの最終選考に残り、勝者には賞金25,000ドル。そして、そのウイニング・ウェイブをキャプチャしたビデオアーティストには5,000ドルが贈られる。

 

詳細はオフィシャルサイトをチェック。

http://www.surfline.com/wave-of-the-winter/2017-2018/?page=entries