スモール・コンディションで番狂わせ続出。男子16強、女子8強決定。伊豆下田 CHAMPION PRO二日目

大野修聖

写真、リポート:山本貞彦 静岡県白浜、多々戸海岸(2017年6月24日、土曜日)JPSAジャパンプロサーフィンツアー2017 ショートボード第2戦「伊豆下田CHAMPION PRO Presented by LesPros entertainment」は大会2日目。

QFでは6.25の高得点で勝ち上がった川合美乃里
QFでは6.25の高得点をスコアして勝ち上がった川合美乃里

コンテストのメイン会場である白浜はスネ。よって、今日も多々戸へ。モモハラのコンディションで男子のラウンド3 H-5からスタート。引けば良くなると試合をスタートしたものの、昨日のようなうねりは入らず。セット間も長く、波もサイズダウンでうーん。

この波でもレイバック・スナップを披露する野中美波
この波でもレイバック・スナップを披露する野中美波

ラウンド3のH-8まで終了した時点で、3時間のオンホールド。上げこみを待つということに。サイズは上がらないものの、試合はできるとの判断で25分ヒートにして再開。男子はR-4、女子はQFまで終了。

masahiro sekiguchi-6241161
関口真央

波が波なので、3点出せれば良い方。プアーの戦い。とにかく乗らないと勝てない。来た波に乗る。どうするかは、乗ってからだ。

kaito kawamata-6242156川又海徳
今日も絶好調。スポンサーが変わったことが大きな節目になったようだ。

arashi kato-6240922
加藤嵐
kan watanabe-6242547
渡辺寛

加藤嵐、渡辺寛
今回はコーチのユキさんが帯同。厳しいコンディションを勝ち上がる。

nao ohmura-6243466大村奈央
キャリアと実力からすれば、ここで負けると誰もが思わなかったはず。波のポテンシャルがわかるから選択できずの敗退か。

arashi kaishu-6240020嵐、海周
あまりの波のプアーさに。。。でも、嵐はオンホールドでなく、そのまま続行でやりたかったってさ。
izu-6240015オンホールド前のカット。(堀越力、笹子夏輝) これじゃーね。

hideyoshi tanaka-6241928hideyoshi tanaka-6240489田中英義
試合終わって、すぐ。EPSじゃなかったー!って。波にパワーないから選んだけどダメだったと言い、そのまま会場横で一人、フリーサーフィン。これぞ英義スタイル。

so ishihara-2033so ishihara-6240528石原壮
ローカルシードで出場。いつも応援してくれる人たちの目の前で、試合ができることに感謝と笑顔。

julie nishimoto-6244603西元ジュリ
最後の最後までもつれた。4位からの大逆転。姉のエミリーをも退けて1位でラウンドアップ。

masatoshi ohno-6242869masatoshi ohno-6243114大野修聖
伊豆、多々戸のヒーロー。一度乗れば、会場からは大歓声。その期待にきっちりこたえてQF進出。

blind-6243387今大会のスポンサーであるレプロエンタテイメントの所属の大橋海人が発案。目に障害のある方にサーフィン体験を実施。今回はレプロに加え、JPSA全面協力。大橋海人、水野亜彩子に加え、選手会長の小川幸男、大澤伸幸、金尾玲生、小嶋海生、松野陽斗もヘルプして、みんなでサーフィンを指導。見事、立って滑って、大歓声! 

 

He is Shigeo Yoshihara. He's blind. But he won several medals at the Paralympic. I was invited to be on the radio with him and he said he wanna try surf. So we planned for blind surfing and we finally did it! I'm glad that I could help him to his first surf but I also learned lots of good things from him. He gave me positive energy and great vibe. So I hope we can spread blind surf more and more all over the world. 彼の名前はよしはらしげおさん。 彼は目が見えないです。 だけど、彼はパラリンピックの多くの競技でメダルを持っています。 そしてラジオで共演し、意気投合して彼がブラインドサーフィンをしたいと言うことで、 ブラインドサーフィンの企画をして開催することができました。 すごく彼から色んなことを学び、勉強させてもらいました。 力をもらいました。 そしてブラインドサーフィンを手伝えることが出来て。嬉しく思います。 今回、すぐにそれをやろうと言ってくれたレプロエンタテインメント社長、マネージャーさん、関係者のみなさん JPSAのみなさん 海でのヘルプを頼んだら真っ先に手をあげてくれた @nobuyuki_osawa @asakomizuno @reokanao @kaiojima @akitomatsuno 選手会長の小川幸男さん、JPSA理事長の牛越峰統さん 本当にありがとうございました。 みんなに感動した!素晴らしいかった!と感じてもらえてすごく嬉しかったです。 これからもっと広げていけるお手伝いができたらと思います。 本当にありがとうございました。

A post shared by kaitoohashi 大橋海人 (@kaitoohashi) on

 

amuro tsuzuki-6243981

都築有夢路はセミファイナル進出。

riki horikoshi-6240663

気合のバックハンド・サーフィンを見せてファイナルデイに駒を進めた堀越力。

shuji nishi-6242347
西修司
西優司
西優司

兄弟仲良くクオータファイナルへ勝ち上がった西兄弟の修司と優司。

yujiro tsuji-6242729

小波でも激しいアクションでラウンドアップを繰り返す辻裕次郎

taichi wakita-6241503

今回も家族で試合に挑みクオータファイナルまで勝ち上がった脇田泰地

kento takahashi-6241664

1位で勝ち上がった高橋健人

 

 

サーフメディアは現地からFBで最新情報をお伝えします。お楽しみに!

https://www.facebook.com/SURFMEDIA.JP

ライブ中継はこちら。http://www.namiaru.tv/ust/jpsa/

JPSAオフィシャルサイト:http://www.jpsa.com/