[RVCA]X[8HOTEL]のアートプロジェクト「8days a week」にアーティト・サーファーのNAKIが参加

 

“URBAN”と”RESORT”、2つの顔を持ち合わせた湘南(藤沢)にてカルチャーの発信を根ざし誕生した「8HOTEL」にて、昨年の2月に始動した、117ある客室をアートでリニューアルしてゆくというユニークなアートプロジェクト「8 DAYS A WEEK」。
 

アメリカ発ライフスタイルブランドであり、グローバルなアート活動「Artist Network Program」をブランドの根幹とする「RVCA」とコラボレイトし、Frankie Cihi、 Margaux Arramon、Baanai、新倉孝雄など「RVCA」に関わる多くのアーティストが参加している本プロジェクト。

 

このプロジェクトのSpecial Editionとして、ハッピーサーフィンを提唱する写真家であり、文筆家、グラフィックアーティストという様々な顔を持つNAKI氏が、4月に参加することとなった。

 

世界中の海を自身のキャンバスとして、人生を流浪して謳歌するNAK I氏の名前はサーフィンに触れた人であれば一度はその名前を聞いたことがあるだろう。

 

定住の概念を持たないNAKI氏が自身のルーツでもある湘南を訪れた際に常宿と利用しているのが8HOTELである。所以ある1つの場所と1人の人物が融合し生まれる部屋はどのような部屋になるのであろう NAKI氏の目を通して作り出される空間に期待したい。

 

 

8DAYSAWEEK_instagram_Naki

 

 

【NAKI(ナキ)】
写真家、文筆家、グラフィックアーティスト、ハッピーサーファープロサーファー、しかも豊かなスタイルを持つ彼。その目を通した波、風景、そして人物。NAKIの、全くと言っていいほど違った視点からの刺激的、そして叙事詩のように壮大で、繊細なロマンチズムの融合が見える。 –ブライアン・ミラー(写真家)
日本生まれ。写真は10歳のとき(オリンパス・ペン)より独学。サーファーとしてのキャリアは、1989年NSA全日本選手権優勝、’92年ASPテカテプロ(メキシコ)7位。カリフォルニア州サンクレメンテ渡米(1994)米サーフィングマガジン誌、サーファーマガジン誌の専属フォトグラファー、日本人として初めてサーファーズジャーナル誌の表紙&巻頭特集として紹介された。2009年に待望の写真集「feel the glide」を発刊、 2010 年にはフォトブック「NORTH HAWAII」等の著書を持つ。

 

個展は、2004 BEAMS NEWSを皮切りに、B Gallery (2005), ディーゼル個展、ラスベガスでの作品展、そしてほぼ毎年開催される「Tokyo Cultuart by BEAMS (2016)」に加え、グリーンルーム・フェスティバルのメインビジュアルで知られている。独創的なタッチで創造される“NAKI WORLD”は、人々を魅了し続け、現在はカウアイ島や日本、カリフォルニアを行き来しながら彼の世界(NAKI WORLD)をアートに落とし込んだ作品製作に勤しむ。全ては「ハッピーサーフィング」と、NAKIはそんな幸せアイテムを製作している毎日。

 

【8hotelとは】
1週間が8日あったとするならば、人はどのようなインスピレーションをそこで抱くだろうか。湘南「藤沢」。URBANとRESORT。2つの顔を持ち合わせたこの地で、FASHION、ART、FOOD、MUSICの要素を織り交ぜカルチャー発信するココロとカラダに優しいHOTEL。[HP]http://8hotel.jp/

 

 

【RVCA(ルーカ)とは】
カリフォルニアに拠点を置き2000年にスタートしたRVCAは、若者を象徴しインスパイアするトレンドから逸脱したデザイン主義のライフスタイルブランドです。アメリカのワークウェアをルーツにファッション性を追求し、アクションスポーツの境界を越えて独自のブランドを確立してきました。“THE BALANCE OF OPPOSITES”というその世界観は、自然と人工、過去と現在、秩序と無秩序など、相反するものが共存するさまを象徴しています。「Artist Network Program(ANP)」などクリエイティブな感性を持った人々のサポートや数多くのコラボレーションも手がけています。

[HP] https://jp.rvca.com/
[facebook] https://www.facebook.com/RVCAJapan
[Instagram]  http://instagram.com/rvcajapan
[Online Store] http://www.rvca-jp.com/