ムラサキ湘南オープン・グランドフィナーレ。JPBA第3戦『MURASAKI SHONAN OPEN 』終了。

ムラサキ湘南オープン・グランドフィナーレ。JPBA『MURASAKI SHONAN OPEN 』終了。 


今回のWSL-QSイベントで見事2位となり復活の狼煙を上げた大橋海人が壇上へ

 

(神奈川県藤沢市/湘南海岸 2015年 7月20日、月曜日)湘南海岸において、プロサーフィンの ショートボード、ロングボード、ボディボード、アートショー、ミュージック・ ショーなど、国内最大のビーチ・イベントとして開催された「MURASAKI SPORTS presents SHONAN OPEN 2015 supported by NISSAN」がグランドフィナーレを迎えた。

 

向うところ敵なしか。今季もランキングトップを独走するボディボード榎戸崇人

 


台風の影響が心配されながらも無事に、素晴しい夏空のもと最終日を迎えたイベントはクライマックス。

 

ボディボードのJPBA第3戦『MURASAKI SHONAN OPEN 』も大会最終日となり、メンズではJPBAグランドチャンピオン榎戸崇人がARSをメイクし、9ポイントをスコアして優勝。

 

ウイメンズでは鈴木彩加、ドロップニーでは藤岡慶、今シーズンからスタートしたジュニアクラスでは、蛭間拓人が優勝した。

 

岡澤紫織を抑え、見事優勝した鈴木彩加
鈴木彩加

 

アクションスポーツで彩られた
こどもたちの未来へ向けた夏祭り。 


パークエリアでは、国内最大級のスケートボードのバーチカルコンテスト、

スケートボード・ストリートコンテストやストリートダンスコンテストや、

キッズを対象にしたスケートボード、ストライダー、スノーボードの各種体験スクール他、

あのトム・カレンのライブステージ、

さらに地元ダンサーによるフラダンスなどのステージイベントに加え、

地元の名店が並ぶフードエリアや協 賛社ブランドブースなど、大人から子供まで楽しめるイベントが盛りだくさんだった。

前回2014年大会では、3日間で約1万7千人が来場。2020年に東京五輪に向けスポーツムーブメントが高まる昨今、今年はより多くの人に楽しんでもらうべく、各種クロスカルチャーイベントをさらに充実させたイベントとなった。

スノーボードの体験イベントも開催

大人はもちろん、このアクションスポーツの未来を担う子供が、心から楽しめるイベント「SHONAN OPEN 2015」。アクションスポーツで彩られた夏祭り。このようなイベントの必要性を感じずにはいられなかった。

 

 

WSLのファイナリスト
GoPro Hero Of The Day:大橋海人。

撮影:山本貞彦

オフィシャルサイト

http://www.worldsurfleague.jp/

関連記事:

ムラサキ湘南オープン「LONGBOARD SUPER HEAT」でハーレー・イングルビーが優勝

WSL-QS「MURASAKI SHONAN OPEN」ブラジルのルエル・フェリペ優勝。大橋海人が2位

ストーミー・コンディションで上位32名が決定。MURASAKI SHONAN OPEN大会3日目

WSLジャパン第2戦QS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2015」トップシードが登場。

WSLジャパンQS1,500「MURASAKI SHONAN OPEN 2015」台風スウェルで7/14から開幕か。

ムラサキスポーツプレゼンツ『SHONAN OPEN 2015』今年も鵠沼海岸で開催決定。

 

 

Mens
優勝:榎戸崇人
2位:近藤義忠
3位:榎戸輝、京谷雄策

Womens
優勝:鈴木彩加
2位:岡澤紫織
3位:永井那旺、相田桃

Drop Nee
優勝:藤岡慶
2位:山田幸久
3位:平井賢一郎
4位:冨田和麻

Junior
優勝:蛭間拓人
2位:加藤優希
3位:藤田佳奈
4位:稲田泰斗

 

相田桃は今回、賞金を受け取り、プロ宣言。次戦よりプロとして参戦。
ムラサキライダー近藤義忠は2位。
ムラサキライダー京谷雄策は3位。

ドロップニー今季初優勝の藤岡慶

会場にはプロサーファー達も集合。水野亜彩子
関口海璃プロもブースでお手伝い
協賛各社のブースでは子供も楽しめるアトラクションが行われていた
地元鵠沼の小林直海もイベントブースでエンジョイ!