オークリーのトレーニングウエア「3rd Generation」加藤嵐とサーフトレーニング。

加藤嵐
アイウェアとトレーニング・ウェアでオークリーの契約選手である加藤嵐

 

世界のトップアスリート着用率No.1のアイウェアとして、圧倒的な支持を集めている「オークリー(Oakley)」そして、快適性とデザイン性を掛け合わせたスポーツウェアや、利便性と斬新さの2面性を併せ持つアクセサリーもその人気を支えるアイテムとなっている。

 

またアスリートをトータルでサポートする「オークリー」として、トレーニングウエアという存在も忘れてはならない。そんなオークリー・トレーニングウエアの新シリーズ「3rd-Generation」がサーファーの間でも注目を集めている。

 

 

oakley

 

東京オリンピック2020の追加種目にサーフィンが決定したことで、競技としてのサーフィンの注目度がアップ。

 

そして、サーフィンのスキル向上のために、陸上でのトレーニングが必要不可欠であることがプロアスリートは勿論のこと、一般サーファーの間でも認識され始め、自分に合ったプログラムでトレーニングをするようになっている。

 

千葉でトレーニングを続ける加藤嵐。photo:snowy
千葉でトレーニングを続ける加藤嵐。photo:snowy

 

話題のオークリー「3rd-Generation」は、軽量、吸汗速乾、防風、肌面のドライ性と様々な優位性テクノロジーを併せ持ったハイブリッド機能素材を使用したテクニカルウェア。

 

搭載された高い機能はプレー時のマイナス要因を全て払拭し、常に最高のパフォーマンスを可能にする。未体験のパフォーマンスへ導く、第三世代トレーニングウェアなのだ。

 

arashi kato_C2A4403

 

2016年のJPSAグランドチャンピオンを獲得した加藤嵐もまたオークリーのトレーニング・ウェアで自分のサーフィンスキルに磨きをかけているサーフ・アスリートの一人である。

 

毎年この時期はオーストラリアでキャップを行い、シーズン開幕に備える加藤だが、今シーズンは、昨年からコーチングを依頼している、つのだ氏と相談したうえで、寒さも厳しい生まれ育った千葉に残り、日々サーフィンとトレーニングに汗を流している。

 

志田下⚡️⚡️ #著作権で音楽無し #日本 #サーフィン #JAPAN #SURFING #WINTER

KATOーーー⚡️⚡️⚡️さん(@arashikato)がシェアした投稿 –

マシンとかではなく、自重を使ったトレーニングが主体 photo:snowy
マシンとかではなく、自重を使ったトレーニングが主体 photo:snowy

 

「アラシは、柔軟性を上げ、動きの制限をなくすために、関節の可動域を広げるためのトレーニングをしています。レールを入れるための脚力の強化、上体のブレをなくすための体幹の強化を上半身、下半身のバランスを見ながら、全身の筋力強化を図っている。」と、コーチであるつのだ氏は言う。

 

 

#EAST CHIBA ⚡️🌊⚡️ #サーフィン #日本 #Japan #千葉東

KATOーーー⚡️⚡️⚡️さん(@arashikato)がシェアした投稿 –


未体験のパフォーマンスへ導く、第三世代トレーニングウェアである、オークリーのトレーニングウエアとともに、サーフィンの大改造を行って今シーズンに挑む加藤嵐。いまは自分の肉体を酷使し、スキルアップに貪欲になっている加藤嵐にとって、このシーズンオフのトレーニングが大きな勝利への鍵となるのだ。

 

 

oakley